Optris
You are here: Optris JP用途ソーラー/半導体

太陽電池モジュールと半導体の温度モニター

太陽熱と半導体産業では非接触温度測定製造工程の継続的なモニターを実現するため、製造工程の改善も促します。熱挙動の些細な変化も特定するため、不具合の可能性が特定され、簡単にかつ確実に問題解決が行われます。オプトリスの熱探知カメラが特にこのタスクに向いています。その一方で熱探知カメラ以外にも選択肢があります。費用対効果の高い他の選択肢は組み立て済み回路基板の温度モニターという技術系記事で確認いただけます。

太陽電池モジュールの品質管理

Solar cell modul

太陽電池の品質管理に赤外線カメラは欠かせません。テストの可能性の一つが、周期的に変調された太陽電池の光に対する露出です(照明を当てたロックイン・サーモグラフィ)。太陽電池の充電の分離が測定部位にリーク電流を発生させるため、ホットスポットを特定できます。このホットスポットは赤外線カメラで特定できます。

推奨装置:熱探知カメラ オプトリスPI

使用時の注意:太陽光産業における温度測定

 

ストリングはんだ付け工程の温度モニター

string soldering

太陽光モジュールの製造では、ストリングはんだ付け工程でウエハーの温度が確認されます。これを行うことで、信頼でき効率的な組み立て工程が確保できます。ブレーズポイントと接続するシリコン表面で温度測定が行われます。この方法ではんだ付けの均一性が測定されます。

推奨装置:熱探知カメラ オプトリスPI

使用時の注意: 太陽光産業における温度測定

 

組み立て済み回路基板の機能テスト

PCB test

電子部品と回路基板のメーカーの多くが、生産量の増加に伴って非接触温度測定を利用するようになっています。  現代的な赤外線測定機器を使用することで、測定対象物に影響を与えることなく、熱挙動が確認され最適化されます。

推奨装置:熱探知カメラ オプトリスPIまたは 赤外線放射温度計オプトリスCT LT

使用時の注意:組み立て済み回路基板の機能テスト