Optris
You are here: Optris JP用途プラスチック

プラスチック加工の温度モニター

プラスチック工業は非接触温度測定に難題をもたらしました。製造工程の各段階、例えば噴出形成工程や熱形成工程では、高品質のプラスチック製品を生産するために異なる温度幅をモニターし、分析する必要があります。この要望に応えるために、オプトリスはプラスチック製造と加工に特化した赤外線温度測定装置を開発いたしました。

下記のプラスチック工業における非接触温度測定(最新) の記事とパンフレットでは多数の用途例を紹介しており、オプトリスのサーモメーター赤外線カメラが使用されています。ご希望の用途が見つからない場合には、当社のパイロメーターセレクターをご利用になって最適の装置を決めていただくか、当社の 用途エンジニアに直接お問い合わせください。

フォイルの熱形成

thermoformed product

局所的な焦げ目やクラック形成を防ぐには、熱形成中に素材の温度を一定に保つことが重要です。機材の温度状況を後退させるために熱探知カメラが使用されます。正確な測定を行うパイロメーターが、指定された測定ポイントで温度をモニターして製造中の温度管理を行います。

 

推奨装置: 赤外線放射温度計のオプトリスCT LTオプトリスCS LT または 赤外線カメラ オプトリスPI

 

使用時の注意:プラスチック工業における温度モニター

 

熱可塑性物質の熱形成工程における温度測定

Temperature measurement at thermoforming process of thermoplasics

常に新たな製造技術と素材の組み合わせが開発されており、特に自動車工学などの厳しい用途が求められる部門で顕著です。強靭でありながら非常に軽量の繊維強化熱可塑性プラスチックがこの典型的な例と言えます。品質と適切な製造工程を確保するためには正確で信頼できる温度測定が必要です。

 

推奨装置:赤外線照射温度計オプトリスCT LT

 

追加情報は 使用時の注意「高品質パーツを作るためにパイロメーターを使用し、ピンポイントで正確な温度管理を行う」で確認ください。

 

自動車の外装部品の熱形成行程での温度測定

Temperature measurement at the thermoforming process of automotive exterior parts

グベシュ・グループはオプトリスPlシリーズの赤外線カメラを導入して、自動車の外装部品製造工程を最適化しました。熱形成時の安定した温度プロファイルが高品質を確保し、カスタマーロイヤルティも向上させました。 

 

推奨装置:赤外線カメラ

 

追加情報は使用時の注意熱形成行程におけるスクラップを削減する赤外線カメラをご確認ください。

 

射出形成

casting

射出形成時の歪みを防ぐために、この工程は熱探知カメラでのモニターが推奨されます。モールドを開けるときに成形部品を測定して設定を超えた温度や設定に満たない温度(高温点と冷点)を見つけ出し、即座にモールドの温度を調整します。。

推奨装置:赤外線カメラ オプトリスPI

 

追加情報は使用時の注意「温度の指紋ー業界が注目する射出形成4.0でご確認ください。

 

PETボトル製造

PET Bottles

射出吹込成形工程はPETボトル製造で広く普及しています。PET母材(噴出成形部分)が熱され、その後フォームに圧搾空気でプレスされます。母材の異なるポイントの温度を管理するには、正確なファスト測定パイロメーター(反応時間6分)か、ファスト熱探知カメラ(振動数100Hz)が適しています。

推奨装置:赤外線放射温度計オプトリスCTファストLT または赤外線カメラ オプトリスPI