Optris
You are here: Optris JP製品赤外線温度計optris Xi and PI SDKs

オプトリス Xi とPI熱探知カメラ用ソフト開発キット(SDK)

熱探知カメラXiとPI用のSDKを2種類提供しています。この2種類のSDKの違いはそれぞれの技術注記でご確認いただけます。

 

コネクトSDK

このSDKは多岐に渡る機能を提供します。PIXコネクト・ソフトはバックグランド処理で実行する必要があります。 対応OS:Windows XP、VIsta、Windows 7、8、10 コネクトSDKはオプトリスXiとPIに付属しています。

 

ダイレクトSDK

このSDKはPIXコネクト・ソフトを実行する必要がありません。 ライブラリー「libirmager」がLinuxとWindows用のC++インターフェースを提供します。またLabVIEWとMATLAB用のインターフェースもこのSDKに含まれます。 対応OS:Windows XP、Vista、Windows 7、8、10/Linux 無料のダイレクトSDKはEvocortx社のウェブサイトhttp://www.evocortex.org/downloads-1/からダウンロードできます。 サポートが必要な方はDirect-SDK@optris.comまでご連絡ください。

LabVIEWやMATLABのフルライセンスをお持ちでない方は、下記のガイダンスに従ってサンプル版をダウンロードすることをお薦めします。 MATLABのサンプル版: (sample programまたはinstallation guide) LabVIEWのサンプル版:(sample programまたはinstallation guide)

 

ダイレクトSDK用のROSインターフェース:

オプトリスの熱探知カメラは上記アーキテクチャによりROSミドルウェアと統合可能です。前バージョンのラッパー(ROSフェルテとROSジェイド)と最新バージョン(ROSキネティック以降)はここで入手できます:http://wiki.ros.org/optris_drivers

 

ダイレクトSDKのEvocortexソリューション:

Evocortesは認可されたオプトリスのシステム・パートナーで、工業用測定装置やドローン用のハイパフォーマンス画像処理ソフトを提供しています。また同社はハードウェア・ソリューションも提供しており、EvoSmartLink IRがその代表格です。

 

データ収集用ソフト

同社のCADコンピュータは、オプトリスPIシリーズを統合するためのデータ収集とドライバー用ソフトも提供しています。

当社のウェブサイトでは、統計評価とオファーの改善のためにクッキーを使用しています
データ保護