Optris
You are here: Optris JP製品赤外線温度計コンパクトシリーズoptris CT LT / CTex LT

製品

  • 概説
  • 技術詳細
  • 用途
  • データシート&取扱説明書
  • コンピュータソフト

パイロメーター オプトリスCT LTとCテックスLT

パイロメーター オプトリスCT LT世界最小の赤外線センサーを搭載し、22:1という高度な光画的分解能を実現しています。加えて、選択可能な複数のアナログアウトプットと電子装置ボックス内のデジタル・インターフェースが付いており、高度な多様性も持ち合わせています。

このモデルの拡張版パイロメーターがCテックスLTで、これには(爆発する可能性がある分野での使用のために)ツェナー二重バリアが追加されています。

 

重要な仕様

•    温度範囲:
マイナス50℃から975℃
•    スペクトラル領域:8から14マイクロメートル
•    反応時間: 150ミリ秒

オプトリスCS LTの技術詳細

 

測定仕様

  • 温度範囲(ソフト経由で測定可能): 
    マイナス50℃〜975°C(LT22)
    マイナス50℃〜600℃(LT15)
    マイナス50℃〜600℃(LT02)
  • スペクトラル領域:8から14マイクロメートル
  • 光学分解能(90%エネルギー): 
    22:1(プレシジョン・ガラスレンズ)
    15:1(プレシジョン・ガラスレンズ)
    2:1(フラット窓ガラス付き)
  • CFレンズ(オプション): 
    10ミリメートルで0.6ミリメートル(LT22)
    10ミリメートルで0.8ミリメートル(LT15)
    23ミリメートルで2.5ミリメートル(LT02)
  • システム精度1)2)(外気温度23±5℃で):±1%または±1℃
  • 再現性1)2)(外気温度23±5℃で):±0.5%または±0.5℃
  • 温度分析能(ディスプレイ): 0.1K
  • NETD2)3): 
    05K(LT22/LT15)
    0.1K(LT02)
  • 反応時間(95%): 150ミリ秒
  • 温度範囲(プログラムキーやソフトで拡張可能): 0.100〜1.100
  • 温度範囲/利得(プログラムキーやソフトで拡張可能): 0.100〜1.100
  • 信号処理(ソフト経由でパラメーター調整可): 
    ピークホールド、バレーホールド、平均、拡張ホールド機能にしきいとヒステリシス付き

 

一般仕様

  • 環境レーティング: IP 65(NEMA-4)
  • 外気温度: 
    センサーヘッド:マイナス20℃〜180°C (LT02は130℃)
    電子装置:0℃〜85℃4)
  • 保存温度: 
    センサーヘッド:マイナス40℃〜180°C (LT02は130℃)
    電子装置:マイナス40℃〜85℃
  • 相対湿度:10〜95%、結露なきこと
  • 振動: IEC 68-2-6:3G、11〜200Hz,どの軸でも
  • 衝撃:IEC 68-2-27:50G、11ミリ秒、どの軸でも
  • 重量: 
    センサーヘッド 40グラム
    電子装置 420グラム

 

電気特性

  • アウトプット/アナログ: 
    チャンネル1:0/4〜20mA、0〜5/10ボルト、熱電対J、K
    チャンネル2:センサーヘッド温度(マイナス20〜180℃で0〜5ボルトまたは0〜10ボルト)、アラームアウトプット
  • アウトプット/アラーム: 24ボルト/50mA(オープンコレクタ)
  • オプション:リレー:60ボルトDC2基/42ボルトACeff、0.4A、光学的に絶縁
  • アウトプット/デジタル(オプション): USB、RS232、RS485(オプション)、CAN-Bus、プロファイバスDP、イーサーネット
  • アウトプット・インピーダンス: 
    mA上限500Ω(8〜36ボルトDC)
    mV下限100kΩ 負荷インピーダンス
    熱電対20Ω
  • インプット:外部の放射率セッティング用のプログラム可能な機能的インプット/外部温度調整、トリガー(機能のホールドをリセット)
  • ケーブルの長さ:1メートル(標準)、3メートル、8メートル、15メートル
  • 電力供給:8〜36ボルトDC
  • 電流引き込み:100mA上限

 

バージョン

部品番号:温度範囲/スペクトラル領域/光学レンズ/最高外気温度/ケーブルの長さ

  • OPTCTLT02:マイナス50〜600℃/8〜14マイクロメートル/2:1/130℃/1メートルのケーブル
  • OPTCTLT15:マイナス50〜600℃/8〜14マイクロメートル/15:1/180℃/1メートルのケーブル
  • OPTCTLT15CF:マイナス50〜600℃/8〜14マイクロメートル/15:1/180℃/1メートルのケーブル、CFレンズ付き50ミリメートルで3ミリメートル(ヘッドの長さ:32ミリメートル)
  • OPTCTLT20:マイナス50〜975℃/8〜14マイクロメートル/22:1/180℃/1メートルのケーブル
  • OPTCTLT20CF:マイナス50〜975℃/8〜14マイクロメートル/22:1/180℃/1メートルのケーブル、CFレンズ付き 50ミリメートルで2.5ミリメートル(ヘッドの長さ:32ミリメートル)

1)どちらか大きい方
2)対象物の温度は0℃以上、ε=1で
3)時定数200ミリ秒とTObj25℃で
4)外気温度0℃以下でLCDディスプレイ能力が限定される場合あり

 

パイロメーター オプトリスCT LTの用途分野

パイロメーター オプトリスCT LTは非金属の表面温度を測定するために設計されています。
この赤外線放射温度計の冷却なしでの温度耐性が最高180℃となっているため、約120℃の環境で行われる自動車内装部品のラミネート工程における表面温度の検査に最適です。

またプラスチック工業では、指定されたポイントのモニターを行うこのパイロメーターがホイルの熱成形時の温度管理に最適です。

回路基板を製造していますか?それならば装備済み回路基板の機能テストにオプトリスCSマイクロ2W LTをお薦めします。非接触型の温度計で、測定対象物である繊細な回路基板に影響を与えずに熱挙動を検知します。

オプトリスコンパクトコネクト赤外線ソフト付属

温度解析ソフトのオプトリスコンパクトコネクト は、設置型の赤外線温度測定の測定データのドキュメンテーションと解析のために開発されました。このソフトはライセンスフリーで、各パイロメーターに付属しています。