Optris
You are here: Optris JP製品赤外線温度計高性能シリーズoptris CSlaser LT

製品

  • 概説
  • 技術詳細
  • 用途
  • データシート&取扱説明書
  • コンピュータソフト

赤外線放射温度計オプトリスCSレーザー LT

赤外線放射温度計オプトリスCSレーザー LTには頑丈な集積電子工学に基づいたステンレス製センサーが付いているため、お使いのシステムと容易に統合できます。

この革新的なダブルレーザー照準器により、極小の対象物でも測定スポットの正確なマーキングが可能になりました。また、多様な光学レンズが用意されているため、多種多様な用途でお使いいただけます。加えて、この赤外線放射温度計は標準装備で2線インターフェースを搭載しており、測定データを安定して伝送でき、シーマンスSPSとの統合も簡単にできます。

 

重要な仕様

•    温度範囲:
マイナス30℃から1000℃
•    スペクトラル領域:8から14マイクロメートル
•    反応時間: 150ミリ秒

オプトリスCSレーザーLTの技術詳細

 

測定仕様

  • 温度範囲(ソフト経由で測定可能):マイナス30℃〜1000°C
  • スペクトラル領域:8から14マイクロメートル
  • 光学分解能(90%エネルギー):50:1
  • システム精度(Tamb=23±5℃で):±1%または±1℃1)
  • 再現性(Tamb=23±5℃で):±0.5%または0.5℃1)
  • 温度分析能:0.1K 
  • 反応時間(90%信号): 150ミリ秒
  • 放射率/利得(センサーまたはソフト経由で調節可): 0.100〜1.100
  • 赤外線窓訂正(ソフト経由で調整可): 0.100〜1.100
  • 信号処理(ソフト経由でパラメーター調整可): 
    ピークホールド、バレーホールド、平均、拡張ホールド機能にしきいとヒステリシス付き

 

一般仕様

  • 環境レーティング: IP 65(NEMA-4)真空プロセス部に前面マウント可能(10-3ミリバールまで)
  • 外気温度:マイナス20℃〜85℃(レーザー使用時50℃)
  • 保存温度:マイナス40℃〜85℃
  • 相対湿度:10〜95%、結露なきこと
  • 振動: IEC 68-2-6:3G、11〜200Hz,どの軸でも
  • 衝撃:IEC 68-2-27:50G、11ミリ秒、どの軸でも
  • 重量:600グラム

 

電気特性

  • アウトプット/アナログ: 4〜20mA
  • ループ抵抗:1000Ω上限2)
  • アウトプット/アラーム:0〜30ボルト/500mA(オープンコレクタ)
  • アウトプット/デジタル:単一指向性/双方向性、9.6kBaud、0/3ボルトデジタルレベル/USBオプション
  • ケーブルの長さ:3メートル、8メートル、15メートル
  • 電力供給:5〜28ボルトDC
  • 電流引き込み: 
    5ボルトで45mA
    12ボルトで20mA
    24ボルトで12mA

 

バージョン

部品番号:温度範囲/スペクトラル領域/光学レンズ

  • OPTCSLLT:マイナス30〜1000℃/8〜14マイクロメートル/50:1

1)どちらか大きい方
2) 供給電力に比例

赤外線放射温度計オプトリスCSレーザーLTの用途分野

この赤外線放射温度計のダブルレーザー照準器により測定値の精度がさらに向上しました。この機能により、大学などの研究開発部門での使用が多くなっています。

それ以外の産業界でもこの高度に精密なCSレーザーパイロメーターを活用しています。例を挙げると、木材、紙、プラスチック、ニスなどの検査があります。加えて、設置型の温度計でプラスチック破片の溶接時の温度測定や、自動車部門の試験場での測定などでも使用されています。

オプトリスコンパクトコネクト赤外線ソフト付属

温度解析ソフトのオプトリスコンパクトコネクト は、設置型の赤外線温度測定の測定データのドキュメンテーションと解析のために開発されました。このソフトはライセンスフリーで、各パイロメーターに付属しています。