Optris
You are here: Optris JP用途ライフサイエンス/医療

生命科学と医療部門での温度測定

非接触型温度測定生命科学医療産業で役立っており、些細な温度変化も見逃せない治療、特定の製品の製造と開発過程などで使用されています。オプトリスの赤外線i放射温度計熱感知カメラの他に、特にパイロメーターCSメッドが医療技術産業に最適で、医療機器の製造メーカーや医師によって使用されています。ガラス製注射筒の製造、ガラス瓶の滅菌消毒、低温衝撃治療、研究室の温度モニターなど、さまざまな状況下で使用されます。この点を踏まえてオプトリスは、常に 信頼できる医療分野での温度測定を提供する高性能の装置を製造しています。

 

ご希望のご使用方法がリストから漏れていますか?その場合はすぐに用途エンジニアまでお問い合わせください!当社のエンジニアがお客様の用途に最適の製品を選ぶお手伝いをいたします。

ガラス製注射筒の製造

Glass Syringe

ガラス製注射筒の製造工程では、ガラス製筒に注射針が貼り付けられます。この作業は125℃の環境で行われます。正確に測定できるパイロメーターがこの工程のモニターと管理、さらにガラス製注射筒のクオリティ維持のために使用されます。

推奨装置:赤外線放射温度計オプトリスCTファストLT

 

マウスピースの熱成形

Gum Shield Inlay

マウスピースの最初の製造工程は、プラスチックフォイルを赤外線エミッターで特定の温度まで熱することです。パイロメーターが温度をモニターし、成形に最適な温度を維持するために熱を管理します。

推奨装置:赤外線放射温度計オプトリスCS LT

 

使用時の注意:医療技術

 

ガラス瓶の滅菌消毒

medical glass bottles

医薬品で使用する無菌のガラス瓶を製造するために特定の温度での滅菌消毒が不可欠です。正確な温度を測定するパイロメーターを使用すると、最適な温度が確保されつつ、モニターできます。

推奨装置:赤外線放射温度計オプトリスCT G5

 

低温衝撃治療

Muscle stiffness

スポーツによる負傷、腫れ、筋肉痛などに低温衝撃治療が施されます。患者の肌の過冷却を防ぐために、この治療では正確な温度調整が不可欠です。 

推奨装置:赤外線放射温度計オプトリスCS LT

 

使用時の注意:医療技術