Optris
You are here: Optris JP用途ガラス

ガラス工業における温度モニター

何世紀にも渡ってガラスは人類に支持されてきました。宝石になったり、建物のファサードになったり、飲み物を入れる容器になったりと、考えられるあらゆるサイズ、形、色で加工されてきました。ガラスという半透明な素材を非接触型温度測定機器で計測する場合、ガラス独自の非常に特別な条件があります。

赤外線の基礎のパンフレットで詳細を述べているように、素材の反射と透過率を考慮する必要があります。温度を測定する部位がガラス表面とガラス内部の違いによって、オプトリスがお勧めする赤外線サーモメーター熱探知カメラが異なります。 ガラスの焼き戻し施設内で回線走査カメラとしてPI 450 G7赤外線カメラする場合の用途に関する記事はここにあります。

 

下記から多数の分野での用途と製品ごとのソリューションをご覧ください。

面積測定

Temperature monitoring flatt glass production

熱量が重要な要素となる場所をモニターするために熱探知カメラが使用されますが、その用途例が板ガラスの製造に記載されています。

 

推奨装置: 熱感知カメラ オプトリスPI 450 G7

 

ダウンロード:用途概要: ガラス工業における温度測定

移動物体の測定

Temperature monitoring in the glass industry - bottling plant

同様に赤外線カメラは動いている対象物の測定にも使用され、高出力の工場でのガラス玉の製造やパッケージ、植物のフィリングなどがその例です。対象物が常に一定の軌道上を移動し、いくつかのポイントでの測定のみ必要な場合、高速測定の赤外線サーモメーターが使用されることもあります。

 

推奨装置: 説感知カメラ オプトリスPI 160またはパイロメーター オプトリスCTファストLT

 

用途概要のダウンロード: ガラス工業におおける温度測定

狭い空間での測定

現実問題としてセンサーを設置する空間が非常に限られていることが多く、特に機械やシステムと統合する場合にこれが顕著です。このような状況でも測定できるガラスパイロメーターのコンパクトシリーズが開発されています。

 

推奨装置: 赤外線放射温度計オプトリスCT G5

 

用途概要のダウンロード: ガラス工業における温度測定

微細な対象物の測定

Temperature monitoring laboratory glassware

赤外線放射温度計を使用すると、70ミリメートルの距離から1ミリメートルの対象物を測定できます。これは、理化学実験用ガラス製品などの製造で、ガラス表面の正確な測定が必要なガラス工業のニーズに応えて開発しました。 

推奨装置: 赤外線放射温度計CTレーザーG5またはCSレーザーG5HF

 

用途概要のダウンロード: ガラス工業における温度測定

ガラスを通す測定

3.9マイクロミリメートルという特殊な測定波長のパイロメーターが、200℃から1650℃までの炎やガラスの正確な温度測定に最適です。非接触型赤外線放射温度計は、窯の中の炎で製造過程にある製品の測定に使用され、加熱炉のレンガ壁の温度のモニターにも使用されます。

 

推奨装置: 赤外線放射温度計CTレーザーMT

 

用途概要のダウンロード: ガラス工業における温度測定

高温の環境化での測定

高温の厳しい作業環境のために赤外線放射温度計は開発され、常温まで冷却する必要がなく、最高250℃の環境温度で使用可能です。オーブンや密閉した部屋での使用も問題ありません。

 

推奨装置: 赤外線放射温度計CTホットLT

 

用途概要のダウンロード: ガラス工業における温度測定