Optris
You are here: Optris JP用途エレクトロニクス産業

エレクトロニクス産業における温度測定

エレクトロニクス産業では回路基板が核となります。回路基板のサイズは小型化する一方ですが、そのパワーは業界の期待に合致するクオリティを満たさなくてはいけません。製造に要する時間と製造コストを削減しつつ製品クオリティを上げるために、開発から製造に至る全行程での詳細な管理と測定、品質のモニターが適用されます。固定台付きの非接触型温度測定 熱感知カメラパイロメーター がこのプロセスで重要な役割を担っています。

部品検査

Component inspection

マイクロスコープ光学採用の赤外線カメラ、高パフォーマンスの赤外線サーモメーターを使用すると極小の測定範囲や測定箇所(28マイクロメートル)の検査が可能です。これにより、熱を帯びた箇所の検知や部位同士の熱の影響を部品単位、接合点単位で検査できます。

推奨装置: マイクロスコープ光学

推奨文献: エレクトロニクスの発展における赤外線カメラ

動画:オプトリスIRマイクロスコープ光学 

設計検証

Design validation

電子機器の部品サイズの小型化が進む一方で、パワーと費用対効果の向上が望まれます。デザイン面でのアレンジと要素の使い方を含め、デザイン自体が重要な要因です。赤外線計測テクノロジーは効率的な熱管理に最適です。VGA 熱感知カメラオプトリス®PI 640が最適です。

推奨装置: オプトリスPI640