Optris
You are here: Optris JP当社メディアPress ReleasesDetails

マイクロスコープ光学採用の費用対効果の高い赤外線カメラ

14. 3月 2019

エレクトロニクス産業用にオプトリスXi 400を搭載

最小240マイクロメートルまで測定可能
最小240マイクロメートルまで測定可能

オプトリスは2018年のエレクトロニカ・トレードフェアまでに赤外線カメラの新たなシリーズ、コンパクトラインを市場に投入します。エレクトロニクス産業からの要望に応え、オプトリスXi 400カメラにマイクロスコープ光学を採用し、三脚を付属しました。このカメラと三脚のセットの価格は2000数ユーロです。「このセットはプレシジョンラインのマイクロスコープ・カメラを補完するもので、現在の設定価格と高パフォーマンスは他社の追随を許しません」と、オプトリスの生産管理責任者トルステン・チェック工学博士が、製品ラインの拡張を嬉しそうに教えてくれました。

 

高い解像度と小さな測定範囲の高いフレームレート
「マイクロスコープ光学採用のオプトリスXi 400の技術データを見ると、どんな電子工学デベロッパーでも驚いて注目するはずです」とトルステン・チェックが力説しました。382 x 288ピクセルの解像度があるこの赤外線カメラは、マイナス20℃から900℃までの環境下での測定が可能です。しかし肝心要の点は、小さな測定範囲が持つ最高の価値です。すなわち、240マイクロメートルの対象物を、90ミリメートルの距離から、80Hzのフレームレートで確実に測定できる点です。この測定機器にはライセンスフリーのPIXコネクト・ソフトが付属されていて、これによって標準的な放射測定画像だけでなく放射測定動画まで生成できます。

 

エレクトロニクス産業界にもたらされた幅広い選択肢
オプトリスが市場に投入する新たなオプトリスXi 400は、プレシジョンラインの新たなマイクロスコープレンズ付き構成の赤外線カメラ2種と多様なパイロメーターとの併用で、初心者でも簡単に操作できます。Xi 400は特製三脚、PIXコネクト・プロフェッショナル・ソフトとセットで販売されます。発売当初の価格は2070ユーロに設定されています。

 

 

プレス用連絡先:

Björn Steppons
広報担当マネージャー
Optris GmbH
電話番号: +49 (0)30 500 197-21
Eメール: pr@optris.de

お客様連絡先:

Dipl.-Ing. Maik Lippe
フィールド適用エンジニアマネジャー
Optris GmbH 
電話番号: +49 (0)30 500 197-0 
Eメール: info@optris.global 

 

戻る

ご連絡ください!

Head of Marketing & Communications

Björn Steppons

Björn Steppons

電話: +49 (0) 30 / 500 197 21
メール: bjoern.steppons@optris.com
ツイッター @optris

サポートはお任せください!

新聞雑誌の記事

プレスリリース

背景情報

インタビュー

技術的な知識

最新情報をお見逃しなく!