Optris
You are here: Optris JP当社企業の社会的責任

企業としての社会的責任

オプトリスは企業として社会に果たすべき責任を真剣に捉えています。
社会貢献の一環として、自然環境への悪影響を抑える活動を自発的に行っております。同時に従業員に安全な労働環境を提供しつつ、一方で取引先や販売御者に対しても基準の高い技能とコンピテンシーを保証しています。2009年以来、DIN ISO 9001の正式認可を受けて当社の企業体質を保証しております。

 

環境に対する取り組み

日常業務で発生する生態系への悪影響を削減することを目的としています。国際企業である当社にとって、運搬中に製品がダメージを受けない確実な梱包を行うことが重要です。また、製品の梱包にリサイクル素材を使用するのは当社の環境保全対策の一環でもあります。

 

当社の従業員

中企業である当社にとって従業員は非常に大切な存在です。入社後の従業員の教育が大きな役割を担っています。見習い学生、卒業論文作成中の見習い、徒弟教育を支援しています。また、従業員が高等訓練を受けることも熱心に支援しています。 

 

コミュニティのためのオプトリス

当社の社会的責任の一環として、所在地のコミュニティへの参加と関与を重要なことと捉えています。
ベルリンに所在する地域密着型企業として、地元の人々と密接に関わることを重要視しています。そのため、地元の卸売業者と良好な関係を保っており、組み立てと梱包作業に関しては、ベルリンのパンコウ区にある障碍者の作業施設で行う引き継ぎを完了しました。 
オプトリスは、CTレーザーの革新的な開発により、リーディング中企業として、2007年のイノベーション・アワード・インダストリー賞を受賞しました。
2009年の夏以来、フライベルク工科大の学生で構成されるレーシングチームのレーシングカーのプロトタイプ開発を支援しています。タイヤ温度の最適化を計るセンサーを提供しました。