Optris
You are here: Optris JP製品アクセサリーキャリブレーションソース

周辺温度 基準ソース BR 20AR

PI 450i T010カメラの特定カメラ精度を上げるには、高放射率の基準ソースと安定した既知温度をスキャンする対象者に最も近い場所に設置する必要があります。

BR 20AR周囲基準ソースには精度 +/- 0.1 °Cの温度プローブが装備されています。

この高精度な基準信号をPIXコネクトソフトウェアと統合することで、装置の調整、周囲温度のドリフト、短期安定度で生じる不安定性をシステム精度 +/- 0.5 °Cまで下げることが可能です。

ションストーリー:発熱スクリーニング システム

技術仕様

  • 専用温度範囲:18℃〜33℃
  • 放射率:0.95 +/-0.02(8 - 14 μmで)
  • 温度プローブの精度:+/-0.1 °C (25 °C〜50 °C) / ドリフト:0.0073 °C
  • BR20AR付きPI 450iの精度(TAmbが18℃〜33℃):+/-0.5 °C (TObj 30 °C〜40 °C)
  • 寸法:20 cm x 20 cm 8.2 cm
  • インターフェイス:PI 450iカメラのPIFコネクタと互換性のある5ピンコネクタ

主要な特徴

  •  発熱スクリーニングのアプリケーション搭載赤外線カメラには高放射率のレファレンスラジエーター最適
  •  精度0.1℃で16ビットの総合デジタル温度センサー
  •  マウント用ブラケットは天井でも壁でも設置場所で調節可能
  •  20メートルのケーブルとPI 450iに最適のPIFコネクターでプラグ&プレイ取り付け

較正用線源オプトリスBR 400

オプトリスはキャリブレーションと赤外線放射計測機器のテストのための較正用線源を販売しています。オプトリス較正用線源BR 400を使用すると、赤外線放射温度計や熱探知カメラのキャリブレーションを完璧に行うことができ、恒久的に正確な測定値を得ることができます。

 

較正用線源はどのように機能するのですか?

較正用線源は黒体としても知られており、赤外線放射温度計熱探知カメラなどの測定機器の管理に役立つ赤外線放射の一つです。Tumg + 5 °Cから+ 400 °Cまでの間で温度を設定したあとで、赤外線測定器の温度表示の正確さをチェックします。これによって正確な測定値が担保されます。較正用線源の中の熱探知要素により、与えられた放射線源の正確な温度管理を確認します。

キャリブレーション工程についてさらにお知りになりたいですか?当社のサービスセクションでオプトリス較正用線源の詳細をご確認いただけます。

較正用線源の重要なパラメーター

• 温度範囲: Tamb + 5°Cから400°Cまで
• 温度分析能: 0.1°C
• 寸法(高さx幅x深さ): 325 x 230 x 230 ミリメートル
• 対物レンズ口径:128 ミリメートル
• 価格は1950ユーロから

おすすめポイント

• 素晴らしい均一性、正確さ、長期間の安定性。
• コンパクトで丈夫なデザイン。
• 赤外線センサーの現場でのキャリブレーションとテストに最適です。

当社のウェブサイトでは、統計評価とオファーの改善のためにクッキーを使用しています
データ保護