Optris
You are here: Optris JP用途自動車

温度測定する自動車工業

製造工程の全段階で工程温度をモニターしながら調整することは自動車工業における温度管理の最重要項目です。この分野特定の要望に応えるために、オプトリスは多種の赤外線センサー熱感知カメラを開発し、これを使用することで製品の品質を維持し、不良品を削減し、さらなる製造工程の最適化を導きました。

自動車外装部品の熱形成

Thermoforming of automotive exterior

自動車外装部品の製造工程で最も苦労する点は温度管理を維持することです。試験生産においても、製造工程を最適化し、連続生産のクオリティとアウトプットを最大化するためには、継続的な温度測定が不可欠です。

 

推奨装置:熱感知カメラオプトリスPI  アプリケーションストーリー: 自動車部門での熱成形

 

内装のラミネート作業

Automotive

自動車の内装のラミネート作業では部分によって異なる表面装飾を施します。この作業が行われるのは120℃前後で、この段階で装飾素材の温度が調節され最適化されます。どの機器も空調パージカラーと保護ハウジングのあと付けが可能です。

推奨装置:赤外線サーモメーターオプトリスCSマイクロLTオプトリスCT LT または 熱感知カメラオプトリスPI

 

車両の欠陥分析

Car

オプトリスの携帯用サーモメーターは車検の苦労を軽減します。これを使用すると、ブレーキ、暖房システム、空調などの欠陥の特定が可能です。特定に要する時間が短いため、エラー回復に費やす時間を確保できます。

推奨装置:携帯用サーモメーターオプトリスMSプロLT